ホーム | 税務相談 | コミュニティ | 節税テクニック | Q&A・解説 | Tax News | リンク | FAQ | サイトマップ | 検索 | ユーザ登録

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:

パスワード紛失新規登録
 節税塾!サイト内検索
 月間MVP(フォーラム投稿)
2007年9月
  o_x (8)
  imada (6)
  Edward (4)

 過去のMVP
 節税メニュー
 税フォーラム【税務相談】
 サブメニュー
 アクセスカウンタ
05274208

昨日: 4311
今日: 1951
 パートナーサイト
税フォーラム(税務相談掲示板)のご利用にあたって
 ◎ 税の疑問や悩みを解決するフォーラムです。参加するみなさんの協力で解決していきましょう! 
 ◎ 質問する人も回答する人も参加は自由!ユーザなら誰でも参加OKです。
 ◎ 投稿するには、ユーザ登録(簡単15秒!)が必要です。投稿前に【ご利用にあたって】をご覧ください。
 ◎ 適宜、改行すれば見やすいと思います。また、返信には、お礼をしてあげてください。楽しく活用しましょう。
 ◎ 掲示板の趣旨に無関係な投稿や広告宣伝を目的とした投稿は、発見次第削除します。
 ◎ 広告宣伝目的と判断した投稿をしたユーザーは、予告なくユーザー登録を抹消することがあります。
メイン
   経理の相談
     リース債務を短期と長期に分ける基準
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
CARP
投稿日時: 2012-2-18 22:16
新人さん
居住地:
投稿: 4
リース債務を短期と長期に分ける基準
記の件で教えてください。リース債務を短期と長期に分ける基準として1年基準があると思います。下記の例において1年基準を前提としてお話させてください
リース開始時(1年4月1日)において短期と長期に分けた場合の仕訳は、次の通りになります。
(借)機械 3,600,000 (貸)短期リース債務 1,200,000
           (貸)長期リース債務  2,400,000
 そして、短期リース債務は、当期において解消したとします。
 したがって、1年度末のリース債務の残高は、長期リース債務の2,400,000ですよね。そこで、1年基準を採用して、1年度末の長期リース債務 2,400,000を当期末において短期と長期にあらためて区別します。短期リース債務は、2年3月31日から1年以内に期限が到来するリース債務です。つまり、2年3月31日(1年度末)から3年3月31日(2年度末)に解消されるリース債務残高が短期リース債務となります。したがって、2年3月31日の期末残高と3年3月31日の期末残高の差額が短期リース債務となります。
 計算をしてみますと、
 2年3月31日(1年度末) リース債務残高 1,200,000円
 3年3月31日(2年度末) リース債務残高 1,200,000円
                   差額は 1,200、000円
となり、短期リース債務 1,200,000 長期リース債務 1,200,000となるとおもうのですが弊社は現状2年3月31日(1年度末)長期リース債務残高 1,200,000円を先に取り崩しをして3年3月31日(2年度末)短期リース債務残高 1,200,000円を最後の1年で取り崩す処理を行なっているのですがこの会計処理は問題ないのでしょうか?
上記の件で参考になる会計処理サイトがあれば教えていただけないでしょうか。
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
絶対節税の裏技
【中小企業の節税を考える税理士の会】が提供する節税ノウハウ。裏のウラまで網羅した節税テクニック




copyright スーパー節税塾! all rights reserved.