ホーム | 税務相談 | コミュニティ | 節税テクニック | Q&A・解説 | Tax News | リンク | FAQ | サイトマップ | 検索 | ユーザ登録

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:

パスワード紛失新規登録
 節税塾!サイト内検索
 節税メニュー
 税フォーラム【税務相談】
 サブメニュー
節税リンク
 絶対節税の裏技

 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供。

Tax News : 税制改正、役員給与関連についても整備。
投稿日時: 2006-12-17 22:56:32 (3501 ヒット)


14日にまとまった税制改正大綱。昨年、大改正された役員給与関連についての整備も行われている。

大綱で明らかにされた項目は以下のとおり。

(1)定期同額給与について、職制上の地位の変更等により改訂がされた定期給与についても、定期同額給与として取り扱うことを明確にする。

(2)事前確定届出給与について、その届出期限を役員給与に係る定めに関する決議をする株主総会等の日から1ヶ月を経過する日(その日が職務執行開始日の属する会計期間開始の日から4ヶ月を経過する日以後である場合には、その4ヶ月を経過する日)とする。

(3)同族会社以外の法人が、定期に給与を受けていない役員に対して支給する給与について、事前確定届出を不要とする。


定期同額給与については、新規設立のケースや、昇格・降格の際の改定のケースの取扱いが不明(規定を読む限り例外として認められていない)であったが、職制上の地位の変更による改訂も定期同額給与として取り扱うことが明確にされる。

また、期限後届出が続出した事前確定届出給与についても、届出期限が延長されることとなった。

copyright スーパー節税塾! all rights reserved.