ホーム | 税務相談 | コミュニティ | 節税テクニック | Q&A・解説 | Tax News | リンク | FAQ | サイトマップ | 検索 | ユーザ登録

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:

パスワード紛失新規登録
 節税塾!サイト内検索
 節税メニュー
 税フォーラム【税務相談】
 サブメニュー
無料税務相談【税フォーラム】をご利用ください!
  税金に関する相談は【税フォーラム(税務相談掲示板)】をご利用ください。
  ユーザー登録(15秒で完了!)すれば、すぐ参加できます!⇒【新規登録】
  誰でも回答OKです。参加するみなさんの力で解決していきましょう!
社会保険料の延滞金
絶対節税の裏技
市販本では得られないノウハウ。裏のウラまで網羅した節税マニュアル!


解説

 資金繰りに苦慮している法人では、やむを得ず税金や社会保険料を滞納してしまうケースが多いと思います。
            
 税金等のペナルティー負担は大きいですが、事業に関連ある債務の支払いを優先し、どうしても後回しとなってしまうのが税金や社会保険料です。
            
 では、税金と社会保険料はどちらを優先して支払えばいいのでしょうか?本来優先順位などなく、どちらも支払わなければいけないものですが、節税面から見た場合、税金を早期に納めたほうがメリットがあります。
            
ポイント

<延滞金の違い>
1)税金に係る延滞税は損金に算入されない。
2)社会保険料の延滞金は損金に算入される。
            
※つまり、同じ滞納により延滞のペナルティーがついても、税金の延滞税は
 損金に算入されないので、納税額を減らす効果がないのです。
 (注)社会保険料を滞納して良いということでは決してありません。
            
関連・・・不納付加算税

疑問が解決しないときは税務相談掲示板に質問を投稿してみよう!
            

前のページ
 債務免除の検討
コンテンツのトップ 次のページ
 固定資産税の未払計上
 一般的な節税テクニック

copyright スーパー節税塾! all rights reserved.