ホーム | 税務相談 | コミュニティ | 節税テクニック | Q&A・解説 | Tax News | リンク | FAQ | サイトマップ | 検索 | ユーザ登録

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:

パスワード紛失新規登録
 節税塾!サイト内検索
 節税メニュー
 税フォーラム【税務相談】
 サブメニュー
無料税務相談【税フォーラム】をご利用ください!
  税金に関する相談は【税フォーラム(税務相談掲示板)】をご利用ください。
  ユーザー登録(15秒で完了!)すれば、すぐ参加できます!⇒【新規登録】
  誰でも回答OKです。参加するみなさんの力で解決していきましょう!
消費税の未払計上
絶対節税の裏技
市販本では得られないノウハウ。裏のウラまで網羅した節税マニュアル!


解説

 消費税の経理処理には 1)税抜経理方式と 2)税込経理処理の2つがあります。税抜経理の場合、消費税の金額は損益数字に影響を及ぼしませんが、税込経理の場合は、損益数字の中に消費税額が含まれていることになります。
            
 つまり利益の中に消費税額が含まれていることになり、税抜経理に比べでその分利益が多いということになります。
            
 税込経理の場合、納税する消費税は経費として処理することになります。例えば平成18年3月期の確定消費税を納付したときの経費とすれば、平成19年3月期の経費となります。(納税は平成18年5月のため)
 この確定消費税を、未払計上することにより平成18年3月期の経費として処理することが可能です。
            
ポイント

 利益が出た局面で、未払計上方式に変更することで節税効果があります。
                            
注意点
            
1)未払経理とした場合、ある程度の期間、その処理を継続する必要があります。
2)業績に応じて、処理方法を頻繁に変更することは問題があります。

関連・・・未払費用の計上  固定資産税の未払計上

疑問が解決しないときは税務相談掲示板に質問を投稿してみよう!
            

前のページ
 未払費用の計上
コンテンツのトップ 次のページ
 決算賞与の検討
 一般的な節税テクニック

copyright スーパー節税塾! all rights reserved.