ホーム | 税務相談 | コミュニティ | 節税テクニック | Q&A・解説 | Tax News | リンク | FAQ | サイトマップ | 検索 | ユーザ登録

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:

パスワード紛失新規登録
 節税塾!サイト内検索
 節税メニュー
 税フォーラム【税務相談】
 サブメニュー
無料税務相談【税フォーラム】をご利用ください!
  税金に関する相談は【税フォーラム(税務相談掲示板)】をご利用ください。
  ユーザー登録(15秒で完了!)すれば、すぐ参加できます!⇒【新規登録】
  誰でも回答OKです。参加するみなさんの力で解決していきましょう!
生命保険の活用
絶対節税の裏技
市販本では得られないノウハウ。裏のウラまで網羅した節税マニュアル!


解説

 事業にはさまざまなリスクが伴います。代表者に万が一のことがあった場合、経営悪化による資金繰り難などなど。生命保険はこれらのリスクに備える役割のほか、勇退時の退職金原資や緊急時の資金確保等の役割も期待できます。

 損金性があって、かつ解約返戻率の高い定期保険は、将来のリスクや資金不安に備えつつ、利益を減らし(繰り延べ)かつ簿外で資金を留保する効果が期待できます。
            
 全額損金タイプの定期保険などもあり、解約返戻率の高い定期保険への加入により、将来の資金手当と節税という2つの効果を期待することができます。
                         
ポイント

<生命保険の有効利用>
1)万が一の保障に備えられる
2)不測時の資金手当、退職金原資としての積立の役割
3)利益を将来へ繰り延べ平準化させる効果
4)決算時期に年払契約で検討することにより、さらに効果大
            
注意点

1)保険の本来の目的は「保障」です。過剰な節税目的での利用は、保険料負担による資金繰り圧迫、解約ロスなどのデメリットが懸念されます。
            
2)利益を先送りしている性格もあり、解約のタイミングなど「保険のゴール」に失敗すると思わぬロスになります。
            
3)目的に応じて、解約返戻率のピークをどこに持ってくるかも重要です。
            
4)解約ピーク時に分掌変更等(みなし退職)による退職金支給を提案する保険外交員がいますが、現実には経営実権を維持しているなど実質的に退職していないと判断された場合、退職金を否認される恐れがありますので注意が必要です。
            
疑問が解決しないときは税務相談掲示板に質問を投稿してみよう!


前のページ
 決算賞与の検討
コンテンツのトップ 次のページ
 小規模企業共済
 一般的な節税テクニック

copyright スーパー節税塾! all rights reserved.