ホーム | 税務相談 | コミュニティ | 節税テクニック | Q&A・解説 | Tax News | リンク | FAQ | サイトマップ | 検索 | ユーザ登録

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:

パスワード紛失新規登録
 節税塾!サイト内検索
 節税メニュー
 税フォーラム【税務相談】
 サブメニュー
無料税務相談【税フォーラム】をご利用ください!
  税金に関する相談は【税フォーラム(税務相談掲示板)】をご利用ください。
  ユーザー登録(15秒で完了!)すれば、すぐ参加できます!⇒【新規登録】
  誰でも回答OKです。参加するみなさんの力で解決していきましょう!
欠損金の繰越控除
解説

 法人税は、法人の事業年度を単位として、各事業年度の所得に対して課税されますが、青色申告書を提出する法人については、欠損金(赤字)が生じた場合に、翌年度以降7年間に生じる所得から控除することを認めています。
            
 青色申告としていれば、赤字となった場合に、その赤字を将来発生する利益と相殺して税負担を軽くすることができるのです。
            
ポイント

<繰越控除の要件>
1)欠損が生じた年度に青色申告書を提出していること
2)その後連続して確定申告書を提出していること
3)確定申告書に必要事項を記載すること
            
注意点

1)2年連続して期限後申告した場合、青色申告が取り消されます。取り消し=その年度の欠損金を繰り越せないことを意味します。
 
2)見方を変えると8年後は切り捨てられてしまうということ。
⇒7年間で消化できるかわからないのに、むやみに赤字を膨らますことは、節税面からすると好ましくありません。
⇒経費計上時期が任意に選択できるものや減価償却などは、欠損金の消化状況をよく検討のうえ、計上額を取り決めることが重要です。
            
関連・・・欠損金の繰り戻し還付
            
このカテゴリに関連する相談事例

疑問が解決しないときは税務相談掲示板に質問を投稿してみよう!


前のページ
 適用税率格差
コンテンツのトップ 次のページ
 欠損金の繰戻還付
 税制措置利用の節税

copyright スーパー節税塾! all rights reserved.