ホーム | 税務相談 | コミュニティ | 節税テクニック | Q&A・解説 | Tax News | リンク | FAQ | サイトマップ | 検索 | ユーザ登録

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:

パスワード紛失新規登録
 節税塾!サイト内検索
 節税メニュー
 税フォーラム【税務相談】
 サブメニュー
無料税務相談【税フォーラム】をご利用ください!
  税金に関する相談は【税フォーラム(税務相談掲示板)】をご利用ください。
  ユーザー登録(15秒で完了!)すれば、すぐ参加できます!⇒【新規登録】
  誰でも回答OKです。参加するみなさんの力で解決していきましょう!
社宅の利用(借上げ)
絶対節税の裏技
市販本では得られないノウハウ。裏のウラまで網羅した節税マニュアル!


解説

 例えば、会社の代表者等、役員の住宅を法人で賃借し、法人が役員に又貸しすることで、支払う賃貸料が法人の経費となります。
            
 この場合、同じ賃貸料で役員に又貸しすると意味がありませんが、一定の要件を満たせば、比較的低い賃貸料で役員に賃貸することが認められています。
            
社宅家賃の計算方法

区   分 社宅(借上げ)家賃の計算方法(月額)
小規模住宅(※1) その年度の家屋の固定資産税の課税標準額×0.2%+(12円×床面積/3.3(屐法法椶修稜度の土地の課税標準額×0.22%
上記以外で豪華社宅でないもの (A)その年度の家屋の固定資産税の課税標準額×12%(木造は10%)×1/12+その年度の土地の課税標準額×6%×1/12  (B)会社が支払う賃貸料の50%相当額                ⇒上記AとBのいずれか多い方の金額
豪華社宅(※2) 一般の賃貸料相当額(時価)
※1 床面積が、木造家屋は132岼焚次¬畋ぐ奮阿99岼焚爾里發
※2 床面積が240屬鯆兇┐襪發里如賃料、設備等を総合勘案して豪華
   であるもの
            
注意点

1)上記2の金額に満たない場合は、その差額が給与課税されます。
            
2)小規模住宅の場合、おおむね正規賃料の10〜30%程度で済みます。
            
3)検討の際は、、法人で賃貸契約できるかどうかがネックになります。公団などは大抵は不可で、社歴の浅い法人や規模の小さい法人も、大家から敬遠されるケースが多いのが実情です。
            
関連・・・社宅の利用(取得)

疑問が解決しないときは税務相談掲示板に質問を投稿してみよう!


前のページ
 固定資産の譲渡日
コンテンツのトップ 次のページ
 社宅の利用(取得)
 設備・償却関連の節税

copyright スーパー節税塾! all rights reserved.