ホーム | 税務相談 | コミュニティ | 節税テクニック | Q&A・解説 | Tax News | リンク | FAQ | サイトマップ | 検索 | ユーザ登録

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:

パスワード紛失新規登録
 節税塾!サイト内検索
 節税メニュー
 税フォーラム【税務相談】
 サブメニュー
無料税務相談【税フォーラム】をご利用ください!
  税金に関する相談は【税フォーラム(税務相談掲示板)】をご利用ください。
  ユーザー登録(15秒で完了!)すれば、すぐ参加できます!⇒【新規登録】
  誰でも回答OKです。参加するみなさんの力で解決していきましょう!
含み損実現の検討
絶対節税の裏技
市販本では得られないノウハウ。裏のウラまで網羅した節税マニュアル!


解説

 大幅な利益が見込まれ、利益を圧縮したいとき。自社の所有資産の内容を見直してみましょう。
    
 会社にとって利用価値のなくなっているもの、ほとんど利用していないもので、購入時よりも価値の下落しているものがないでしょうか。これらの資産を処分して損失計上できないものか検討してみましょう。
1)遊休状態で利用していない不動産はないか
2)ほとんど利用していないゴルフ会員権はないか
3)株価が下落して回復の見通しの立たない株式はないか
4)不要ではないが、関連会社や役員等へ売却できる不動産はないか
5)余分な営業車、機械、備品等で処分可能なものはないか
            
ポイント

1)資産の売却により損失計上できれば、資金的な流出なく節税可能です。
2)資産の維持費等がなくなり、経費削減にもなります。
3)関連会社等への売却の場合、その正当な理由付けと取得コストの負担を検討する必要があるでしょう。

疑問が解決しないときは税務相談掲示板に質問を投稿してみよう!
            

前のページ
 社宅の利用(取得)
コンテンツのトップ 次のページ
 中古資産の耐用年数
 設備・償却関連の節税

copyright スーパー節税塾! all rights reserved.