ホーム | 税務相談 | コミュニティ | 節税テクニック | Q&A・解説 | Tax News | リンク | FAQ | サイトマップ | 検索 | ユーザ登録

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:

パスワード紛失新規登録
 節税塾!サイト内検索
 節税メニュー
 税フォーラム【税務相談】
 サブメニュー
無料税務相談【税フォーラム】をご利用ください!
  税金に関する相談は【税フォーラム(税務相談掲示板)】をご利用ください。
  ユーザー登録(15秒で完了!)すれば、すぐ参加できます!⇒【新規登録】
  誰でも回答OKです。参加するみなさんの力で解決していきましょう!
中古資産の見積耐用年数
絶対節税の裏技
市販本では得られないノウハウ。裏のウラまで網羅した節税マニュアル!


解説

 固定資産を取得した場合、その支出額は一時の経費にはならず、資産計上したうえで、何年かにわたり減価償却により損金算入されていきます。
            
 償却する期間は各資産について定められた「耐用年数」によります。例えばパソコンは4年、普通自動車は6年という具合に定められています。
            
 ただし、中古で購入した場合には、すでに何年か使用されており、取得後の使用可能期間は新品よりも短いのが通常でしょう。このような中古資産を取得した場合には、正規の耐用年数よりも短い年数を簡便的に計算することが認められています。
            
 耐用年数を短くできれば、毎年の償却費も増え、より短期間で減価償却することができます。
            
耐用年数の計算方法

1)法定耐用年数の全部を経過したもの
   法定耐用年数×20%
2)法定耐用年数の一部を経過したもの
   法定耐用年数 − 経過年数 +(経過年数×20%)
 
 ※1年未満の端数は切り捨て。算定結果が2年未満の場合は2年。
            
注意点

1)取得と同時に資本的支出をした場合、計算式が異なります。
2)ソフトウェアについては、この方法は認められません。
            
このカテゴリに関連する相談事例

疑問が解決しないときは税務相談掲示板に質問を投稿してみよう!
            

前のページ
 含み損実現の検討
コンテンツのトップ
 設備・償却関連の節税

copyright スーパー節税塾! all rights reserved.