ホーム | 税務相談 | コミュニティ | 節税テクニック | Q&A・解説 | Tax News | リンク | FAQ | サイトマップ | 検索 | ユーザ登録

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:

パスワード紛失新規登録
 節税塾!サイト内検索
 節税メニュー
 税フォーラム【税務相談】
 サブメニュー
無料税務相談【税フォーラム】をご利用ください!
  税金に関する相談は【税フォーラム(税務相談掲示板)】をご利用ください。
  ユーザー登録(15秒で完了!)すれば、すぐ参加できます!⇒【新規登録】
  誰でも回答OKです。参加するみなさんの力で解決していきましょう!
取得価額に算入しなくてよい費用
絶対節税の裏技
市販本では得られないノウハウ。裏のウラまで網羅した節税マニュアル!


解説

 購入した固定資産の取得価額は、1)購入対価(引取運賃、荷役費、購入手数料、仲介手数料、関税その他購入のために要する費用を含む)と 2)その資産を事業の用に供するために直接支出した費用の合計となります。
            
 取得に関連して支出する費用でも、取得価額に含めず一時に損金算入が認められるものもあります。
 この区分けを適正に行い、経費処理できるものは漏れなく損金算入したいものです。
            
取得価額に算入しなくてもよい費用

1)不動産取得税、自動車取得税
2)登録免許税その他登記または登録のために要する費用
3)建物の建設等のために実施した調査、測量、設計、基礎工事等で、建設計画変更により不要となったもの
4)固定資産の売買契約を解除して、他の固定資産を取得した場合の、当初契約の違約金
5)特別土地保有税のうち土地の取得に対して課されるもの
            
注意点

 土地や建物の売買の際、固定資産税の日割精算をする場合があります
が、この未経過固定資産税は取得価額に含める必要があります。
            
疑問が解決しないときは税務相談掲示板に質問を投稿してみよう!


前のページ
 固定資産の除却
コンテンツのトップ 次のページ
 減価償却費の調整
 設備・償却関連の節税

copyright スーパー節税塾! all rights reserved.