ホーム | 税務相談 | コミュニティ | 節税テクニック | Q&A・解説 | Tax News | リンク | FAQ | サイトマップ | 検索 | ユーザ登録

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:

パスワード紛失新規登録
 節税塾!サイト内検索
 節税メニュー
 税フォーラム【税務相談】
 サブメニュー
無料税務相談【税フォーラム】をご利用ください!
  税金に関する相談は【税フォーラム(税務相談掲示板)】をご利用ください。
  ユーザー登録(15秒で完了!)すれば、すぐ参加できます!⇒【新規登録】
  誰でも回答OKです。参加するみなさんの力で解決していきましょう!
税込経理と税抜経理
絶対節税の裏技
市販本では得られないノウハウ。裏のウラまで網羅した節税マニュアル!


解説

 消費税の経理処理には、つぎの2つの方法があります。
 1)税込経理方式・・・消費税の額を区分しないで経理する方法
 2)税抜経理方式・・・消費税の額を区分して経理する方法
            
 売上の表示からして、税込経理であれば105万円、税抜経理であれば100万円となり、処理方法による影響は決算書表示の違いでも明らかです。ここでは経理処理の違いにより税務的に影響のあるものをピックアップします。
            
影響のある主な項目

項  目 内       容 有利な方式
交際費の損金不算入 税抜経理のほうが損金不算入額が少なくなる 税抜
少額減価償却資産等 30万円(または20or10万円)未満の判定。税抜の場合は税抜金額で判定 税抜
特別償却等の金額判定 〇〇〇万円以上という要件が多い 税込
            
※税込経理方式では消費税額が損益に反映されません。一方の税抜経理方式は消費税額が利益に反映されて不利のようにも思えますが、消費税を未払計上すれば、基本的には税抜経理と利益の額に相違はありません。
            
このカテゴリに関連する相談事例

疑問が解決しないときは税務相談掲示板に質問を投稿してみよう!


前のページ
 住宅用途契約の事務所
コンテンツのトップ 次のページ
 設備投資と消費税
 消費税に関する節税

copyright スーパー節税塾! all rights reserved.