ホーム | 税務相談 | コミュニティ | 節税テクニック | Q&A・解説 | Tax News | リンク | FAQ | サイトマップ | 検索 | ユーザ登録

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:

パスワード紛失新規登録
 節税塾!サイト内検索
 節税メニュー
 税フォーラム【税務相談】
 サブメニュー
無料税務相談【税フォーラム】をご利用ください!
  税金に関する相談は【税フォーラム(税務相談掲示板)】をご利用ください。
  ユーザー登録(15秒で完了!)すれば、すぐ参加できます!⇒【新規登録】
  誰でも回答OKです。参加するみなさんの力で解決していきましょう!
簡易課税の事業区分
絶対節税の裏技
市販本では得られないノウハウ。裏のウラまで網羅した節税マニュアル!


解説

 簡易課税を適用する法人が、複数の事業を営んでいる場合、課税売上をみなし仕入率の異なる事業区分ごとに明確に分類し、みなし仕入率を正しく適用することが節税につながります。
            
 簡易課税における事業区分の判断は意外に複雑だったりします。第3種と第4種あるいは第5種、高いみなし仕入率を適用できるはずの事業区分を誤って低い区分で認識してしまうと、ムダな消費税を納めることになります。
            
 区分を正しく分類し、簡易課税のメリットを最大限利用したいものです。
            
ポイント

1)1事業の割合が75%以上を占める場合、すべての事業について、その事業のみなし仕入率を適用できる等の特例があります。みなし仕入率が最も高い事業が75%以上である場合は、これを適用すると有利です。
            
2)簡易課税といいつつ、事業区分の判断は結構悩ましいことがあります。
  判断ミスは納税額に大きく影響しますので、注意が必要です。
            
注意点

 事業区分の分類は、帳簿等でそれを明確にしておくか、取引における納品書、請求書、レシートなどに事業の種類を記載し、種類ごとの課税売上を集計した記録を保存するなどの処置が必要です。
            
明確にしていない場合には、すべての事業について最も低いみなし仕入率を適用することになります。
            
関連・・・簡易課税

疑問が解決しないときは税務相談掲示板に質問を投稿してみよう!


前のページ
 簡易課税制度
コンテンツのトップ 次のページ
 課税売上割合に注意
 消費税に関する節税

copyright スーパー節税塾! all rights reserved.