ホーム | 税務相談 | コミュニティ | 節税テクニック | Q&A・解説 | Tax News | リンク | FAQ | サイトマップ | 検索 | ユーザ登録

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:

パスワード紛失新規登録
 節税塾!サイト内検索
 節税メニュー
 税フォーラム【税務相談】
 サブメニュー
無料税務相談【税フォーラム】をご利用ください!
  税金に関する相談は【税フォーラム(税務相談掲示板)】をご利用ください。
  ユーザー登録(15秒で完了!)すれば、すぐ参加できます!⇒【新規登録】
  誰でも回答OKです。参加するみなさんの力で解決していきましょう!
会費の取り扱い
絶対節税の裏技
市販本では得られないノウハウ。裏のウラまで網羅した節税マニュアル!


解説
 同業者団体や各種組合等に支払う会費は、消費税法上、原則として課税仕入れにはなりません。

            
 対価性があるかどうかで判断することになりますが、これら団体等への通常会費は、一般的には役務提供等の対価性がありません。
 ただし、単に「会費」という名目であって、セミナーの参加費用であったり、懇親会等の費用、施設の利用料であるなど、対価性のあるものについては、課税仕入れとなります。
            
ポイント

1)会費の対価性で判断する。会費=不課税は安易。課税仕入は漏れなく抜き出しましょう。
            
2)最近は、会費を徴収する側で請求書等に課税か不課税かの説明をしているものもあります。内容をよく把握して適切に判断したいところです。

疑問が解決しないときは税務相談掲示板に質問を投稿してみよう!
            

前のページ
 売上割引(対価返還)
コンテンツのトップ 次のページ
 貸倒損失の取り扱い
 消費税に関する節税

copyright スーパー節税塾! all rights reserved.