ホーム | 税務相談 | コミュニティ | 節税テクニック | Q&A・解説 | Tax News | リンク | FAQ | サイトマップ | 検索 | ユーザ登録

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:

パスワード紛失新規登録
 節税塾!サイト内検索
 節税メニュー
 税フォーラム【税務相談】
 サブメニュー
節税リンク
 絶対節税の裏技

 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供。


1-2 みなし役員


つぎのいずれかに該当する者は「みなし役員」となります。


1)法人の使用人(職制上使用人としての地位のみを有する者に限ります。)以外の者で、その法人の経営に従事しているもの。

具体的には、

 ー萃役又は理事となっていない総裁、副総裁、会長、副会長、理事長、副理事長、組合長等

 合名会社、合資会社の業務執行社員

 人格のない社団等の代表者又は管理人

 に…衞魄ではないが、定款等において役員として定めている者

 チ蠱面髻顧問

などで、その法人内における地位、職務等からみて他の役員と同様に実質的に法人の経営に従事していると認められるものが該当します。

なお、職制上使用人としての地位とは、具体的には、部長、課長、支店長、工場長、支配人等の使用人たる職務上の地位をいいます。

「経営に従事している」とは、法人の事業運営上の重要事項の意志決定に参画しているかどうかにより判断すべきとされています。


2)同族会社の使用人のうち、つぎのすべての要件を満たす者で、その法人の経営に従事しているもの

(1)その会社の株主グループにつき、その所有割合が大きいものから順に並べ、上位3位グループの所有割合を算定した場合に、その使用人がつぎの,らのいずれかのグループに属していること

 ‖茖噂膂未粒主グループの所有割合が50%超である場合の、その株主グループ

 第1順位と第2順位の株主グループの所有割合を合計した場合に、その所有割合が50%超となるときにおけるこれらの株主グループ

 B茖噂膂未ら第3順位までの株主グループの所有割合を合計した場合に、その所有割合が50%超となるときにおけるこれらの株主グループ

(2)その使用人の属する株主グループの所有割合が10%を超えていること。

(3)その使用人(その配偶者並びにこれらの者の所有割合が50%超である他の会社を含む)の所有割合の合計が5%を超えていること。


疑問が解決しないときは、無料税務相談に質問を投稿してみよう!

前のページ
1-1 法人税法上の役員
コンテンツのトップ 次のページ
1-3 みなし役員判定表
 役員給与の税務
copyright スーパー節税塾! all rights reserved.