ホーム | 税務相談 | コミュニティ | 節税テクニック | Q&A・解説 | Tax News | リンク | FAQ | サイトマップ | 検索 | ユーザ登録

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:

パスワード紛失新規登録
 節税塾!サイト内検索
 節税メニュー
 税フォーラム【税務相談】
 サブメニュー

簡易課税の事業区分Q&A

メインページ »» 飲食業

目次


飲食店が行う食品の小売販売
■パンやケーキなど自ら製造した食品の小売・・・・・第3種事業
■食品製造小売業が店舗内の喫茶スペースで飲食させる場合・・・・・第4種事業
■他から購入した食品を加工せずにテイクアウトさせる場合・・・・・第2種事業

自ら製造した商品を直接消費者に販売するパン屋などは、日本標準産業分類において小売業に分類されますが、消費税法では製造業として第3種事業に該当します。
ただし、飲食店舗を構える事業者が、製造した商品を店舗にて飲食させる場合には、飲食業として第4種事業となります。

デリバリー、出前
■飲食設備を有する飲食店が行う出前やデリバリー・・・・・第4種事業
■飲食設備を有しないデリバリー専門店の場合・・・・・第3種事業

飲食業は第4種事業に該当し、飲食店が行う出前やデリバリーも第4種事業となります。ただし飲食店舗を営まないピザ宅配などのデリバリー専門店が自ら製造した商品をデリバリーする場合は、製造小売業として第3種事業となります。
他の飲食店事業者に行う出前
■飲食店が調理した商品を他の飲食店事業者に出前する場合・・・・・第4種事業

小売業の場合、販売先が事業者か消費者かで、第1種になるのか第2種になるのか区分が分かれますが、飲食店が行う出前、デリバリーは、相手先が事業者か消費者かに関係なく、第4種事業に該当します。
民宿や旅館が行う飲食店
■民宿などが宿泊に際して食事を提供する場合(一般的なもの)・・・・・第5種事業
■宿泊費とは別に飲食代を明確に区分請求する場合の飲食代・・・・・第4種事業

民宿などの旅館業は第5種事業、飲食業は第4種事業に該当しますが、宿泊に伴って食事を提供する場合は、一般的に料金は宿泊サービス料として一緒に計算され、全体として第5種事業に該当します。
宿泊とは別に、例えば隣接する飲食店で食事を提供して、別途請求するような場合、この飲食代については第4種事業となります。
※請求書にて飲食代が明確に区分されているかどうかが重要です。


 節税リンク

必見!絶対節税の裏技
市販本では得られない節税ノウハウ!裏のウラまで網羅した節税マニュアル




copyright スーパー節税塾! all rights reserved.